延長ケーブル型,出力プラグ外径5.5mm,Tank,/toiawase_f,PetitSusieにPetitTankを合わせてLittleSusie強化版に!,bellevuestratfordinn.com,FX-AUDIO-,DC電源ノイズクリーナー・バルクキャパシタ,882円,Petit,パソコン・周辺機器 , PCアクセサリー , ケーブル , 電源ケーブル,内径2.1/2.5mm両対応 882円 PetitSusieにPetitTankを合わせてLittleSusie強化版に! FX-AUDIO- Petit Tank DC電源ノイズクリーナー・バルクキャパシタ 延長ケーブル型 出力プラグ外径5.5mm 内径2.1/2.5mm両対応 パソコン・周辺機器 PCアクセサリー ケーブル 電源ケーブル 延長ケーブル型,出力プラグ外径5.5mm,Tank,/toiawase_f,PetitSusieにPetitTankを合わせてLittleSusie強化版に!,bellevuestratfordinn.com,FX-AUDIO-,DC電源ノイズクリーナー・バルクキャパシタ,882円,Petit,パソコン・周辺機器 , PCアクセサリー , ケーブル , 電源ケーブル,内径2.1/2.5mm両対応 PetitSusieにPetitTankを合わせてLittleSusie強化版に FX-AUDIO- Petit Tank DC電源ノイズクリーナー 延長ケーブル型 バルクキャパシタ 内径2.1 100%品質保証! 出力プラグ外径5.5mm 2.5mm両対応 PetitSusieにPetitTankを合わせてLittleSusie強化版に FX-AUDIO- Petit Tank DC電源ノイズクリーナー 延長ケーブル型 バルクキャパシタ 内径2.1 100%品質保証! 出力プラグ外径5.5mm 2.5mm両対応 882円 PetitSusieにPetitTankを合わせてLittleSusie強化版に! FX-AUDIO- Petit Tank DC電源ノイズクリーナー・バルクキャパシタ 延長ケーブル型 出力プラグ外径5.5mm 内径2.1/2.5mm両対応 パソコン・周辺機器 PCアクセサリー ケーブル 電源ケーブル

PetitSusieにPetitTankを合わせてLittleSusie強化版に FX-AUDIO- Petit Tank DC電源ノイズクリーナー 延長ケーブル型 バルクキャパシタ 内径2.1 100%品質保証 出力プラグ外径5.5mm いよいよ人気ブランド 2.5mm両対応

PetitSusieにPetitTankを合わせてLittleSusie強化版に! FX-AUDIO- Petit Tank DC電源ノイズクリーナー・バルクキャパシタ 延長ケーブル型 出力プラグ外径5.5mm 内径2.1/2.5mm両対応

882円

PetitSusieにPetitTankを合わせてLittleSusie強化版に! FX-AUDIO- Petit Tank DC電源ノイズクリーナー・バルクキャパシタ 延長ケーブル型 出力プラグ外径5.5mm 内径2.1/2.5mm両対応










2020年11月、第2ロットへリニューアル

今回、メイン基板の回路に変更はございませんが、部品類を一新しております。
今回の第2ロットへ移行した主な理由としては、生産数量に対する部品調達の関係で変更せざるを得ない状況からというものでしたが、新ロットの生産に入る前に調達可能な複数部品の組み合わせで試作品の製作と、初回ロットとのデーター比較、検証を行ったうえで部品の決定に至りました。
取得できたデーターの結果的としては、初回ロットと同等か僅かながらそれ以上の効果が出たと取れるデーターとなっております。

詳細につきましてをご参照ください。


FX-AUDIO- [ACCESSORY SERIES 010] Petit Tank (プチタンク)

ACアダプター等の電源装置とデバイスの間に接続する事で、電源由来のノイズを軽減すると共にバルクキャパシタとして機能し、接続したデバイスの持つポテンシャルを開放するDCケーブル延長型のアクセサリーパーツです。

電源側の電力供給レスポンスの限界により頭打ちとなり、本来持つ性能を出し切れていないデバイスを強力にサポート。
バルクキャパシタとして、刻一刻と変化するデバイスの要求電力に対してリニアに応答する事で、デバイスの持つ本来の性能・能力を最大限に発揮させる事が可能となります。
DC電源で動作するオーディオ機器の中でも特に、アンプのように瞬間的に大きな電力要求を必要とするデバイスに対して、電力供給レスポンス改善による音質向上効果(歪みの改善・S/N比の向上等)が期待できます。

「Petit Tank」は、好評販売中の電源ノイズクリーナー「Petit Susie」の効果を更に高めるためのアドオンパーツとして設計・開発されました。
単体でも十分に効果的ですが、「Petit Susie」の後段に連結させて使用する事で、ノイズクリーナー・バルクキャパシタ効果を最大限に発揮します。


◆Add-Onで「Petit Susie」(プチスージー)のパワーアップに!単体バルクキャパシタとしても使えます!!

【Petit Tank 開発の経緯】

2019年4月の発売から皆様の熱いご支持を賜り、記録的な大ヒットを続けるDC電源ノイズクリーナー「Petit Susie」の強力なサポートアイテム『Petit Tank』のご紹介です。

元祖バルクキャパシターボードキットの「Little Susie」と違い、ノイズ除去に特化した「Petit Susie」ですが、開発初期は「Little Susie」の性格を色濃く残しバルクキャパシター機能をメインとしたタイプの構想もありました。
ですが、扱い易さや汎用性、そしてコストパフォーマンスを高次元で満たしながら、ノイズ除去に特化するために無駄を削ぎ落し、結果として現在のスリムな構成でのデビューとなったのです。

皆様もご存じのように、弊社のFX-AUDIO-製品は必要十分な電源バルクコンデンサを搭載しています。
ですが、他社製のオーディオ機器などでは最低限のコンデンサしか積んで無いものも珍しくありませんし、自作アンプキットではスペースの関係で十分といえる容量を確保するのに苦労をします。
そのような場合に「ノイズ除去性能はPetit Susieで十分過ぎるけど、電力供給能力がもう少しあれば・・・」と感じられるユーザー様もいらっしゃり、「Petit Susie」販売当初から「Little Susie」再販のご要望を頂くことが増えておりました。
ただ、「Little Susie」の再販は現実的に難しく頭を悩ませていたのですが、「Petit Susie専用アクリルケースキット」の発案者である通販部門の販売責任者から、「Petit Susieのアドオンとして、バッファ部分だけに限定した構成のアイテムを作ったらどうか」と提案があり、急転直下で製品化が決まったのです。

【Petit Tankの役割り】

姉の「Little Susie」に対して妹分の「Petit Susie」という設定ですが、持って生まれた役割がかなり違います。
「Petit Susie」は電源入力のノイズを落とすことを主眼にした、手軽で安価なACアダプターを高性能な電源に近づけるACアダプターのヘルパーです。
対して「Little Susie」は、電流消費量で刻一刻と変わる電圧をダイナミックに補い、組み合わせた機器の電源回路を安定させる機器回路側のヘルパーなんです。
もちろん、『Petit Tank』が「Petit Susie」のadd onとして開発された理由は、「Little Susie」と同じく機器回路側のヘルパーとしての機能を追加するためだったのです。
つまり、「Petit Susie」プラス『Petit Tank』で、「Little Susie」の進化版というイメージです。


【製品の特徴】

■必要十分なコンデンサ容量
合計容量2640μF、35V/330μFの電解コンデンサを8本搭載。
十分な効果が感じられ、なおかつ安全にも配慮し最適な容量を搭載しました。
「Little Susie」は自作キットですので12V前提で開発されましたが、最近のデジタルアンプは電源電圧24V前後が多く、12V電源と同じ出力なら必要な電流は半分で済んでしまいます(V*A=W)。
そのため『Petit Tank』は容量が少なく見えますが、少し視点を変えて仕事量(W)で考えると必要十分な量なのがわかると思います。
※Petit Susie本体と合わせると3630μFの容量となり、電流容量の少ないACアダプターでは2#12316;3度のリトライをする場合がございますが、PSE認証を受けたACアダプターでは特に危険はございませんのでご安心ください。

■サージ対策
ご存じのように「Petit Susie」は電源のスイッチングノイズをメインターゲットにしている訳ですが、サージに関してもノーマルモードチョークコイルとフィルムコンデンサで十分な低減効果を持っています。
ですが、汎用DC電源などのスイッチON/OFFサージにはやや力不足なのも事実です。
そこで「Petit Susie」を抜けてくる単発の強いサージによるストレスを低減し、機器回路側の保護のために特殊な高耐圧のセラミックコンデンサを実装しました。

■特徴的なアートワーク
両面フルベタパターン(表面は全面+、裏面は全面GND)で回路損失を減らしつつも、各コンデンサの負荷を均一に近づけた理想的バルクコンデンサを構成しています。
また5mmピッチ空きパターンを4組用意。更にコンデンサ容量を追加できるにとどまらず、目的によりタンタルコンデンサやブリーダー抵抗、電圧モニタ用端子などを追加可能です。
※部品の追加等の改造は保証対象外となります。


【注意事項】

※1A未満のACアダプターでのご使用はお避けください。
※PSE認証のマークのみで直下に事業者名が入っていない(PSE偽装品)ACアダプターでのご使用はお避けください。
※PSEマークのないACアダプターでは使用しないでください。
※対応可能な最大消費電力は140W以下です。
  当製品の出力側に接続する機器の最大消費電力は140Wまででお使いください。
※電源電圧28V以下は電流最大5Aまで対応、35V時は最大4Aまででお使いください。
※入力コネクタ(DCジャック)は外径5.5mm内径2.1mm対応です。
  内径2.5mmのプラグを接続した際でも使用可能な場合がありますが規格外使用のため
  保証対応外となります。 2.5>2.1mm変換プラグをご利用ください。

【対応電源について】

※定格出力 電流容量1A未満の電源は保証対象外です。
電流容量1A以上の電源をご使用ください。
接続する電源の出力電流容量が1A未満の場合、接続時の突入電力供給が賄えずにリトライを繰り返し、安定出力に至らない場合がございますので保証対象外とさせて頂きます。
電源の能力にもよりますが、1A以上の電源でも何度かリトライが発生するケースがございますが、PSE認証を取得しているACアダプターでは問題となる事はありませんのでご安心ください。

【電圧の異なる機器への接続変更についてのご注意】

※高電圧の電荷が残ったまま低電圧の機器に接続しないでください※
※高電圧の電荷が残ったまま低電圧の機器に接続すると機器に損傷を与える可能性があります。
※電源電圧の高い機器から電圧の低い機器に接続を変更する際は、コンデンサの電荷を開放してから接続を変更してください。
※電源を外した状態で「Petit Tank」のみを機器に接続した状態で機器の電源を投入するか、24時間以上放置することでコンデンサの電荷を開放する事が出来ます。


【関連商品】



【スペック】

ブランド:FX-AUDIO-
シリーズ:ACCESSORY SERIES
製品型番:Petit Tank
製品保証期間:お買上げ日より6ヶ月間
電源入力:DC 35V以下 / 電流容量 1A以上の電源に対応 ※交流電源は非対応
最大定格出力電力:140W (35V時 MAX4Aまで)
最大定格出力電流:5A
DCジャック(IN):外径5.5mm 内径2.1mm (センタープラス仕様)
DCプラグ(OUT):外径5.5mm 内径2.1mm/2.5mm両対応 (センタープラス仕様)
付属品:付属品・説明書無し ※本体のみ(バルク/簡易梱包)
サイズ:幅25.5mm×奥行き98mm×高さ20mm
ケーブル長:約30cm(コネクター部を含む)
重量:45g

PetitSusieにPetitTankを合わせてLittleSusie強化版に! FX-AUDIO- Petit Tank DC電源ノイズクリーナー・バルクキャパシタ 延長ケーブル型 出力プラグ外径5.5mm 内径2.1/2.5mm両対応

どちらかといえばエミリア派です

最近A/Bテストについて勉強してました。*1

この前、こちらの記事を拝見しました。

www.rco.recruit.co.jp

この手の検定の話は結構苦手意識があり、良い機会だったので勉強してみたので今回はそのメモです。

続きを読む

世間でA/Bテストについて調べると、結構あっさり書かれていたり、逆にとんでもなく突っ込んで書かれた記事に出会ったりします。 自分のような初心者には、帯に短し襷に長しという感じだったので、こちらの書籍を読んでA/Bテストについて勉強してみました。

上記の本を読んで気になった部分や考えたことについて、思考の整理を兼ねてつらつら書いてみたいと思います。

【合計3980円以上の購入で送料無料】 未使用品 縞織り出し本場大島紬着物【リサイクル】【中古】
正規取扱店manana(マナナ) ダンボール発送 [スーパーセール限定ポイント15倍] YOSHINORI KOTAKE[ヨシノリコタケ] YKWPN-☆STAR CAP [WHT] メッシュキャップ スター(ホワイト)メンズレディース444 ナンバー444 メッシュキャップ ゴルフキャップとしても人気 AKS

7/22まで行われていた「#11 [初心者歓迎! / 画像編] atmaCup」に参加してました。 それに取り組む中で勉強した事を備忘として記録していきたいと思います。

www.guruguru.science

続きを読む